« test テスト | トップページ

2013年5月30日 (木)

陣場周回コース [和田峠-生藤山-一ノ尾根-陣場山-和田峠]

 和田峠を起点にした周回コース(和田峠~生藤山~鎌沢休憩所~一ノ尾根~陣場山~和田峠)は、だいぶ前から計画していました。

New02

 

Photo

しかし、体力的な自信がなかったので見送っていましたが、4月28日の鶴島御前山~高柄山を歩いたことで、何とかなると思い、梅雨に入る前の5月26日に歩いてきました。

鎌沢休憩所~旧甲州街道までは順調でしたが、一ノ尾根~陣場山は厳しい登りとなりました。

 和田峠を9時50分、相変わらず遅いスタートです。天気が少し心配でしたが、茶屋のご主人に聞くと、昨日、一昨日はぱらっと来たが、雲の切れ間があるので今日は大丈夫だろうとのこと。言葉の通り、雲は多いけど日差しがある上場の天気でした。

Img_6469

Img_6478

コースを通して特別危険な場所はありませんが数か所岩場があります。岩場ではケガをしないようグローブ使い、ストックは必ずザックにしまいます。

Img_6519

Img_6521

このコースで一番の岩場は生藤山東側の岩場で高さ10mほど。女性は苦労していましたが皆さん乗り越えていました。ここは多くの人が入っているため、荒れ気味で人が上部にいる場合、落石に注意が必要です。

Img_6524
三 叉路(以上の)分岐には必ず道標がありますが、初めてのコースなので、道標の地名(山名)などがよく分かりません。分岐では1/2.5万地図 とコンパスで進む方向の確認をしました。ところどころ、1/2.5万地図にない分岐がありましたが、道幅が明らかに違うので広い方へ進みます。

Img_6529

Img_6530

Img_6544

  鎌沢休憩所でトイレ後、旧甲州街道のやさか茶屋近くの登山口を目指します。旧甲州街道に出たころ、軽い熱中症のようになり、自販機で水とアクエリアスの 500mlを買い、水分と塩飴や捕食を取り一ノ尾根~陣馬山頂を目指しました。途中にあるベンチで5分ほど座り、尾根風に吹かれていると少し汗も出きまし た。

Img_6558

Img_6571

 ヘロヘロでしたが何とか陣場山の清水茶屋にたどり着き、けんちん汁が売り切れのためナメコ汁を注文しました。テラスに座ると風が吹き抜け、ウインドブレーカーを羽織らないと体が冷えてきます。

Img_6573

5分ほど待っているとなめこ汁が運ばれてきました。なめこ汁は熱々で少し塩辛いのですが、飲むにつれて、段々と元気がでてきました。風による体温低下と塩分補給が良かったのでしょうか?

Img_6576


 さて、和田峠までの下り、元気は回復しましたがは階段は使わず、まき道を使いました。下っている途中、酸っぱいものが食べたくなり、峠の茶屋で、ところてんを注文し、酢醤油のタレも全て飲みました。

Img_6579

それなりに準備・対策したはずでしたが、気温の高い日のハイキングは、標高が低くなってきたとき、水分やミネラル・塩分と捕食(エネルギー)の取り方が重要ということを再認識できました。

Deta

|

« test テスト | トップページ

山歩き・ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202075/57492269

この記事へのトラックバック一覧です: 陣場周回コース [和田峠-生藤山-一ノ尾根-陣場山-和田峠]:

« test テスト | トップページ