« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月の3件の記事

2020年3月29日 (日)

NanoVNAの初期設定

 ようやくNanoVNAを手に入れました。測定用のキャリブレーション(校正)を行い正常動作を確認後、すぐにファームウェアを0.7.1にバージョンアップをしました。nanoVNAのことは、よく見に行くBlogの掲載記事で昨年秋頃から知っていましたが、今月のHAMWorld5月号の記事をみて、ポチッとしました。

 ファームウェアのバージョンアップは、”NanoVNA-manual”(日本語マニュアル)の手順通りで難しくはありません。

Resize_dsc_0477

以下は”NanoVNA-manual”に関連する備忘録です。
 必要な、ファームウェア、書き込みソフト、USBのデバイスドライバの書き換えソフトなどもNanoVNA User Guideからリンクされ取得(2020年3月末現在)できます。DFU モードの起動も、メニューから選択できます。(現行モデルは改造不要です)。ファームウェア書き込みでWindows PowerShellで実行するコマンド、C:\dfu-util\dfu-util.exe -d 0483:df11 -a 0 -s 0x08000000:leave -D build\ch.bin の太文字部は自分で入力します。ファームウェアのアップデートの後、タッチパネルの校正とテスト、STOP周波数を1500MHzに変更、測定用のキャリブレーション、データのSAVEを実施します。

Resize_dsc_0475

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

初めての再免許申請

開局して初めての再免許申請をしました。
総務省 電波利用 電子申請・届出システム Liteを使い、面倒かな?と思いましたが、簡単な入力で完了でした。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

Jamieson's Shetland Spindrift Colour 290 Oyster

 忍野でも有効なKiller bug。オリジナルに近いYarnを入手しました。
今年は忍野でフライフィッシングと決め、忍野フリークのバイブル?忍野ノート「サイトフィッシングの戦術」を読み返していると、コラムにオリジナルKiller bugのChadwick's 477はカネボウの676が代替品になると書かれています。この本が発売された頃、カネボウの676を近くの毛糸屋さんで探しても見つからず、諦めてしまった。今となってはオリジナルのChadwick's 477はもちろん、カネボウも解散して676も現存がなく「当時、もう少し探していれば、残念」と思うことがあります。

Resize__mg_4168_03081329

 最近、入手した 洋書 simple Flies のKiller Bugの解説に「スチュワートの最新バージョンのキラーバグは、Shetland Spindrift "send" 色を使用している」と紹介があり、タイイング手順は "Oyster" を使用した写真を掲載していました。ネットで探しまくり、何とか国内で入手できました。Chadwick's 477は混紡でwool 85%、Nylon15%、 Jamieson's Shetland Spindrift Colour 290 Oyster は100% Pure Shetland Wollです。

Resize__mg_4171_03081336

タイトルで Jamieson's Shetland Spindrift Colour 290 Oyster と表記していますが. 社名には of が入り Jamieson's of Shetland 製の商品名:Spindrif 種類:Colour 290 Oyster となります。

Resize_p1000028_01

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »