« アンテナアナライザー | トップページ | FTDX3000Dの購入(FTDX3000Dの記録) »

2020年5月15日 (金)

2バンド ワイヤーダイポールアンテナの設置

 自宅のベランダに電波第一工業のW-721(7,21MHz)を設置。アンテナアナライザー SARK100で測定しながら、共振周波数調整用エレメントをカットして目的の共振周波数、21.300、7.100MHzになるよう調整をしました。調整は高い周波数21MHzから順番に行うのですが、今回の設置条件では7MHzを調整すると、調整済みの21MHzが若干変化(ズレる)して 21.300MHz から 21.350MHz が共振周波数になりました。結果 21MHz帯 21.000:2.91、21.350:2.25、21.4500:2.63、7MHz帯 7.000:2.6、7.100:1.64、7.200:4.20 もう少し詰めが必要ですが、FT-991AM内蔵のアンテナチューナを利用すれば使用可能でしたので一旦終了とします。

Dsc_0485_gimp

|

« アンテナアナライザー | トップページ | FTDX3000Dの購入(FTDX3000Dの記録) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンテナアナライザー | トップページ | FTDX3000Dの購入(FTDX3000Dの記録) »