カテゴリー「星・天文」の13件の記事

2012年10月30日 (火)

小望月 (こもちづき)

 満月(望月)前夜の月を、小望月(こもちづき)、といいます。
また、中秋の名月の前夜は「名月を待つ」ということから、待宵月(まつよいづき)ともいいます。同じ満月の前夜の月の呼び名ですがどちらも風流ですね。

Rimg0304_01

天体望遠鏡の接眼レンズにコンデジを押しつけて写しました。

  • ケンコー NewSE120鏡筒+ビクセン ポルタⅡ経緯台
    アイピース:PL25mm
  • コンデジ Ricoh R8
    フォーカス:∞ 、測光:中央 、WB:屋外 、ISO:64
  • Gimp 2.8.2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

十六夜の月 (いざよいのつき)

 満月の翌日の月を十六夜の月といいます。
十五夜の月よりも遅く昇るため そのようすから、ためらう(ちゅうちょする)=いざよう=いざよい と呼ばれるようになりました。

_mg_3363_3x2_640_2

もう少し月を大きくしたかったのですが、ボケが目立ってしまうため(フルサイズ換算で 80mm 相当)この大きさがほぼ限界です。

カメラ機種名:Canon EOS Kiss X2
撮影日時:2012/10/01 21:16:51
Tv(シャッター速度):1/400
Av(絞り数値):11.0
ISO感度:400
レンズ:A16E SP AF17-50mm TAMRON
焦点距離:50.0mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

おりひめぼし と ひこぼし 夏の星座

 8月12日、世間ではお盆休みに入り、故郷へ帰省がはじまりました。東京生まれで「帰省」の経験のない私と妻は、これから始まる休暇は夜更かしの祭典です(した)。

 星空撮影用のレンズ / Model:A16E SP AF17-50mm TAMRON を購入し、昼間に「無限大」ピントを風景で確認した8月8日の記録を元に撮影しています。つまり、ややピンぼけ状態。30秒の固定撮影、PROソフトンA、Jpegへの画像処理などで、分からないと思います。たぶん。

_mg_3154_cr2_trim_640

_mg_3154_cr2_trim_640_line

おりひめぼし と ひこぼし
こと座
わし座


_mg_3162_rc2_640

_mg_3162_rc2_line

はくちょう座
こと座


_mg_3149_rc2_800

_mg_3149_rc2_800_line

いて座、みなみのかんむり座、たて座

(一部)さそり座、へびつかい座、てんびん座


 8月12日~13日はペルセウス座流星群のピーク。極大は12日の21頃と予測されていました。近場の撮影場所のため北東方面は山や高圧電線などがあり撮影に適しませんでした。それでも、22時過ぎから23時の撮影終了までの合間(合計20分間)に6個ほどの流星を観ることができ、そのうちの一つは、火球でした。

共通データ
 カメラ機種名:Canon EOS Kiss X2
 レンズ:Model:A16E SP AF17-50mm TAMRON
 撮影日時:2012/08/12 21:30~22:30
 Tv:30
 Av:3.2
 ISO感度:400
 レンズ:17-50mm
 焦点距離:17.0mm
 フィルタ:PROソフトンA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

星空撮影用のレンズ / Model:A16E SP AF17-50mm TAMRON

星空撮影用のレンズとして購入しました。
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model:A16E

20120812_182314

 これまで、星空の撮影には EF20-35mm F3.5-4.5 USM を使っていましたが広角側の広い、明るいレンズがほしくなり、定評のある TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model:A16E を選びました。VC付きと迷いましたが、星空撮影にはVC不要と割り切りました。

 このA16Eは、発売当初からオートフォーカスのピント精度が話題になっているようなので確かめてみました。ズームリングの 17、24、35、50 目盛り毎に山などの遠景に合焦(無限大距離)したとき、レンズ距離目盛り位置を確認しました。

結果

  • 17mm : 3m を少し越えた位置で合焦
  • 24mm : ∞ で合焦(F2.8 で被写界深度内)
  • 35mm : ∞ で合焦
  • 50mm : ∞ で合焦

17mm側をざっと調べると24mm手前まで前ピン現象が出ているようです。

 オートフォーカス合焦とマニュアルで∞に合わせたときの画像を載せます。撮影は焦点距離17mm、絞り:F2.8(開放)にして、カメラ(KissX2)を三脚(ジッツオ407L+HUSKY 3Dヘッド)にセットし電子レリーズを使用しています。画像はRAWより画像中央付近を等倍で600x600ピクセルを切り出しTIFF保存後、GIMP2.6でPNGに変換しました。

_mg_3320

・中央AFセンサーでオートフォーカス 絞り:F2.8
 レンズの距離目盛りで 3m付近に合焦
 前ピンのようです。
 


_mg_3321

・マニュアルで ∞ 絞り:F2.8
 AFよりは良いですね。


星野写真を写すときレンズの焦点距離に関係なくマニュアルで ∞ に合わせれば問題なさそうです。

 一般撮影で焦点距離17mm~24mm(35mmで28mm~39mm相当)の間は前ピン傾向はありますのでオートフォーカスで使用するのは疑問が残ります。
スナップでよく使う17mm~24mmは絞りF5.6~F8、マニュアルで3m~5mの「置きピン」で使えば被写界深度内に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

夏の夜空 2012年7月10日

 7月10日は朝から快晴で夜は満天?の星。車で近くの峠まで出かけてきました。

共通データ
 撮影場所:八王子市
 カメラ:Canon Eos Kiss X2
 レンズ:EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
 ISO感度:800
 露出:30秒
 PROソフトンA フィルター

_mg_3113_640

いて座付近
 天の川(左下は雲)、肉眼では見えないのですが写っていますね。期待していなかったので、驚きと同時に嬉しかったです。今でも子供の頃夏の朝霧高原で見た天の川、いえ満天の星は忘れられません。


_mg_3120_002_640

さそり座といて座
 さそり座の全景を久しぶりに見たように感じます。見るからにさそりで本当に良くできた星座だと思います。肉眼でM4は見えませんでしたが、双眼鏡10x50で確認できました。


_mg_3116_640

かんむり座
 うしかい座の東側にありる小さな星座ですが、かんむりを形どる星の並びが綺麗なためすぐに分かります。


_mg_3117_640

うしかい座
 全天で3番目に明るいアルクトゥルスが目印で、逆さまのネクタイのイメージで探すと分かりやすいです。ちょっとアップ気味に写したので、左腕に相当する星が写っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

金環日食 2012年5月21日

金環日食の記録として。

_mg_2830

7時20分頃の太陽です。
会社の屋上で観ようと思い、会社の駐車場で写しました。


_mg_2859_001

金環日食の時は、夕方とは違った薄暗さで少し青っぽく(灰色?)感じましたね。そして肌寒くなりました。いい経験でした。


_mg_2914

後数分で食が終わる頃の太陽です。
仕事の合間5~10分おきに写した最後の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

金星日面経過 / 2012年6月6日の東京都八王子市

 楽しみにしている金星日面経過。今回の日面経過を見逃すと105年後の2117年まで待たなければならない。普通の人はそこまで待てない、だからなんとしても観たい。

 2012年6月6日の東京都八王子市の天気は1週間は前は曇りの予報。2日前の6月4日、雨マークが付いて台風が小笠原諸島に再接近の予報。でも悪い予報にもめげずに会社に休みの届けを提出。前日の6月5日、予報は午前中の降水確率40%で雨マーク。最悪だ。

2012年6月6日朝7時30分の天気は雨。「晴れろ」と念じてみたものの9時過ぎ、あきらめました。

 午後の予定まで時間ができたので理髪店に行き11時15分頃さっぱりと終了。ふと外を見ると、なんと日差しが、陰が。急いで自宅へ戻り、準備準備、観測だ。

_mg_3017_001

自作太陽投影器。
No.2クローズアップレンズとNikon 28mmレンズを組み合わせた、太陽投影器。もっくんの空間「太陽投影装置」を参考にさせていただきました。もっくんさん、ありがとうございます。


_mg_3009_001

2012年6月6日 13:34 自作太陽投影器の画像
投影画像をKiss X2で撮影し、GIMPで処理しています。あわてていたので方向が分からなり、Kiss X2で写した金星の位置に合わせました。


_mg_2998_001

2012年6月6日 13:33 Kiss X2で撮影
撮影は真似してはいけない方法で写しました。


_mg_3018_001

2012年6月6日 13:43
11時30分から13時40分の大半がこんな状態でした。
この間3回ほど太陽が現れ13:30ごろ最後の最長約10分間太陽が金星が見えました。


昼食でパート先から帰ってきた妻にも太陽投影器に映し出された金星を10数秒ですが見せることができました。

念が通じたようですね。
あきらめていた金星日面経過を観ることができ興奮と喜びで楽しい充実した時間を過ごせました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

とてもにぎやかで贅沢な星空

 今日28日、夕焼けの残る空に明るく輝く金星、木星と月(月齢5.5)、アルデバラン、ヒヤデス星団、すばる、そして、オリオン座が近づいて、とてもにぎやかで贅沢な夕景を見ることができました。

_mg_2490_001_800

撮影日時:2012/03/28 19:09:25
カメラ機種名:Canon EOS Kiss X2
Tv:30s
Av:4.5
ISO感度:400
レンズ:EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離:20.0 mm
フィルター:PROソフトンA


_mg_2495_001_800

撮影日時:2012/03/28 19:17:40
カメラ機種名:Canon EOS Kiss X2
Tv:20s
Av:4.5
ISO感度:400
レンズ:EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離:20.0 mm
フィルター:PROソフトンA


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

星野写真/故障したのかと思った長時間ノイズ除去

 長時間ノイズ除去を on にして180秒間星座を撮影したら撮影後急にカメラが動かなくなり故障したのかと思いあせりました。

今思うと笑ってしまいますが、何とかしようとカメラの電源を off したり、シャッターボタン押したりと、そうこうしているうちにシャッター音が聞こえ、正常にもどりました (^-^; 。

バッテリーを抜くことまで考えましたよ。<---やりませんでしたけど。

 これまで星野写真を写してみて、Kiss X2の設定は、ISO800。ISO800なら高感度ノイズ除去不要。長時間ノイズ除去:on。EF20-35mm f/3.5-4.5 USM は絞り開放~5.6まで。絞りを5.6以上にするとPROソフトンAの効果が薄れてしまうようで今回の6.3で実感しました。


沈むオリオン座とすばる

0315__640

撮影日時 :2012/03/15 21:50:47
カメラ機種名 :Canon EOS Kiss X2
Tv :35s
Av :6.3
ISO感度 :1600
レンズ :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :35.0 mm
フィルター :PROソフトンA


ふたご座

0315__640_2

撮影日時 :2012/03/15 21:42:00
カメラ機種名 :Canon EOS Kiss X2
Tv :35s
Av :6.3
ISO感度 :1600
レンズ :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :20.0 mm
フィルター :PROソフトンA


こいぬ座 ふたご座 ぎょしゃ座

___02_640

撮影日時 :2012/03/15 21:38:45
カメラ機種名 :Canon EOS Kiss X2
Tv :35s
Av :6.3
ISO感度 :1600
レンズ :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :20.0 mm
フィルター :PROソフトンA


こいぬ座

0315__640_3

撮影日時 :2012/03/15 22:04:27
カメラ機種名 :Canon EOS Kiss X2
Tv :35s
Av :6.3
ISO感度 :1600
レンズ :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :35.0 mm (トリミングあり)
フィルター :PROソフトンA


しし座と火星

0315_leo02_640

撮影日時 :2012/03/15 21:50:47
カメラ機種名 :Canon EOS Kiss X2
Tv :35s
Av :6.3
ISO感度 :1600
レンズ :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :35.0 mm
フィルター :PROソフトンA


オリオン座

0315orion_640

撮影日時 :2012/03/15 20:48:37
カメラ機種名 :Canon EOS Kiss X2
Tv :180s
Av :6.3
ISO感度 :800
レンズ :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :20.0 mm
フィルター :PROソフトンA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

はじめての星野写真

金星と木星

Moku_kin

撮影日時 :2012/03/12 19:18:26
カメラ   :Canon EOS Kiss X2
レンズ   :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :35.0 mm
Tv     :20s
Av     :4.5
ISO感度  :800
フィルター :PROソフトンA


冬の大三角

Sankaku

撮影日時 :2012/03/12 20:21:18
カメラ   :Canon EOS Kiss X2
レンズ   :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :28.0 mm
Tv     :20s
Av     :5.6
ISO感度  :800
フィルター :PROソフトンA


北斗七星

Hokuto

撮影日時 :2012/03/12 20:46:51
カメラ   :Canon EOS Kiss X2
レンズ   :EF20-35mm f/3.5-4.5 USM
焦点距離 :20.0 mm
Tv     :30s
Av     :5.6
ISO感度 :800
フィルター :PROソフトンA


 夕方ニアミスしている金星と木星をみて不意に写真を写しておこう。そう思い、はじめてEOS Kiss X2で星野写真を写しました。ドタバタと準備したため高感度&長時間ノイズ低減のセットを忘れ(そのときは知らなかった)ました。ロケーションが良くないのですが、記念すべきファーストトライです。

 南側の空ではオリオン座が少し西に傾き、北の空では北斗七星が垂直に立ち上がっています。寒い日が続いていますが、星座から季節は冬から春に移り変わっていることを実感しました。獅子座の近くで火星が赤く輝いていますがうまく色が出ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)